オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ユニフォームの役割りの変遷
ボールと

プロのサッカークラブにおけるユニフォームの役割りの変遷は、クラブ経営がビジネス化していくにしたがって、その役割が変化してきている。
当初は、相手チームとの見分けができるようにデザインされたものであったが、年月が経過するにつれて、チームの特徴を具現化するようなデザインに変わり、現在ではチームの象徴となり、チームそのものを表現する役割を担っている。
チームをサポートするファンの数が増えるに従い、チームユニフォームを販売するようになったが、当初は商業的な役割はほとんどなく、コアなサポーター向けの一種のサービスだったように思われる。
サッカー人気と共に、クラブチームの人気が高まるにつれ、チームの成績に一喜一憂する熱狂的サポーターが増えてくる。
チームとしては成績を上げる為に、良い選手の獲得を考え、それには大きな金額の移籍金やサラリーが必要になる。
経営として支出項目が増えれば、クラブとしては収入を増やす算段をしなければならなくなり、観客の入場料が主な収入源だったものに加え、企業の宣伝の為にユニフォームを提供するようになった。
つまり胸や肩、腕に企業のロゴを入れるスポンサーを募って広告料収入を得るようになったのだ。
今では、有名サッカーチームやフットサルチームのユニフォームのいたるところに、企業のロゴやマークが所狭しとプリントされている。
歴史の浅いフットサルも、今では国内でもプロリーグが行われており、クラブ経営の大切な収入源になっている。
さらにサポーター向けにユニフォームが販売できれば増収につながることになる。
サッカーチーム、フットサルチームにとってユニフォームは、いまや打出の小槌なのかもしれない。